がん保険の必要性を考えよう

日本人の死因の順位5位までは、悪性新生物(がん)、心疾患、肺炎、脳血管疾患、老衰の順番です。現在がんは死亡原因の1位となっており、全体の3割を占めています。がんと診断された人の中で男性の割合は6割です。約10人に3人の人が、がんで亡くなられているという事ですから身近な病気であり、特に注意したい病気になっています。

でもがんは治せる時代になっています。もしがんになってしまったら、より良い治療を受けて皆さん治したいと思うに違いありません。その時にがん保険が必要になってくるのです。がんになった場合には入院中の費用だけではなく退院してからも通院・定期健診などがありますから、その為の費用が健康保険がきいたとしても沢山かかります。

先進医療による治療を受けるようになれば、健康保険がきかない場合も多く自己負担も増えてしまいます。仕事に就いている人は、療養期間中の収入の減少も考えられるので、費用の総額は大変負担になると思います。その負担を補って安心して治療が受けられるようにするのが、がん保険です。

がん保険を使わなくて済めば一番良いのですが、もしもの場合に安心してより良いがん治療を受けられるように備えておく必要があると思います。愛媛県行ってみない?

新着情報

2017年12月04日
  ホームページを更新しました。